マネミュ

FXの複利トレード シミュレーション

トレード設定

  • 初期資金: 万円
  • 1回あたりの取引通貨数:
    資金の%の通貨
  • 利益幅: pips
  • 損失幅: pips
  • 勝率:
  • トレード頻度:
  • 運用期間: 年間
  • 累計トレード回数:
    ※最大回まで。2,000回以上はグラフの表示が省略されます。
  • 詳細設定
    • 最小取引単位: 通貨
    • 税金:
      年間利益が万円を超えた場合、
      税率%を差し引く
    • シミュレーション回数:
    • 単利トレードと比較する

回のシミュレーション結果

複利トレード 単利トレード
最高値
中央値
最低値
初期資金を
上回った確率
結果をTweetする
スポンサーリンク

利用方法

設定をもとにして複数回のシミュレーションを行い、複利トレードと単利トレードの結果を比較することができます。グラフには資金の推移、表には最終的な運用結果を表示してあります。年間で利益が出た場合のみ、年末に税金が引かれます。ここでは強制決済やレバレッジの想定はしていません。

設定項目

初期資金
最初の投資資金を入力します。
1回あたりの取引通貨量
1回のトレードで売買する通貨量を、パーセンテージで指定します。
---例---
5%に設定した場合、資金が100万円の時には5万通貨の取引を行います。
利確幅
利益を確定するpip数を指定します。ここでは1pip=0.01円として計算します。
損切幅
損切をするpip数を指定します。
勝率
1回あたりのトレードの勝率です。
トレード頻度
どのくらいの頻度でトレードを行うかを指定します。
---例---
週に2回とした場合、52週×2回で1年間に104回のトレードをすることになります。
運用期間
何年間トレードを続けるかを指定します。
---例---
5年間とした場合、1年間に104回トレードをすると104回×5年で累計トレード回数は520回となります。
詳細設定
最小取引単位
取引できる最小の取引通貨量です。計算により端数が生じた場合は切り捨てます。資金が減少して、最小取引単位でも売買が行えなくなった場合、そこでトレードは終了します。
---例---
最小取引単位が1000通貨の場合、1回あたりの取引通貨量が2222通貨だとすると、2000通貨でトレードを行います。
---例---
最小取引単位が1000通貨の場合、1回あたりの取引通貨量が999通貨以下となると、トレードが終了します。
税金
FXにかかる税率は20.315%です。一般的に、給与所得がある人の場合は20万円以上の利益(所得)が生じると税金がかかります。
シミュレーション回数
上記の設定をもとにシミュレーションを何回繰り返すかを指定します。最大300回。多いほうが正確な結果が出ますが、計算時間が長くなる可能性があります。

結果の見方

グラフにはシミュレーション回数分の資金の推移が表示されます。青色が複利トレード、オレンジ色が単利トレードです。
表には複利トレードと単利トレードの最終的な結果が表示されます。

最高値、中央値、最低値
最終的に残った資金を多い順に並べて、最も良い値、真ん中の値、最も悪い値を表しています。
初期資金を上回った確率
最終資金が初期資金上回った回数÷シミュレーション回数で計算しています。
---例---
シミュレーション回数が100回で、最終資金が初期資金を上回った回数が60回ならば確率は60%となります。