マネミュ

スワップポイントと
ボラティリティの比較

比較図

FX会社 スワップポイント
データ更新日:
スポンサーリンク

利用方法

グラフの上方にある通貨ペアほどスワップポイントが多く、右側にあるものほどボラティリティが高く値動きが激しいことを意味しています。スワップポイント運用をする場合、左上に近い通貨ペアのほうが適しています。

グラフ上の青線をクリックすると、通貨ペアと各FX会社のスワップポイントが表示されます。

スワップポイント
スワップポイントの金額は100万円分のポジションを1日保有したときに付与される金額です。買いのスワップポイントと売りのスワップポイントとで多いほうが表示されます。
調査時点の為替レートから計算していますので、実際に付与される金額とことなることがあります。
ボラティリティ
ボラティリティは値動きの激しさを表します。ここでは為替レートの日次対数変化率の標準偏差をボラティリティとしています。計測期間は過去5年間(約1300日)です。

調査対象FX会社

  • 外為どっとコム
  • GMOクリック証券(FXネオ)
  • DMM FX
  • YJFX
  • ヒロセ通商(LION FX)
  • マネーパートナーズ(パートナーズFX)
  • SBI FXTRADE
  • みんなのFX(トレーダーズ証券)
  • 外為ジャパン
  • JFX
  • ライブスターFX
  • LIGHT FX(トレーダーズ証券)