マネミュ

先物&オプションのギリシャ指標計算機

ポジション設定

  • 種類:
  • 売買: 買い 売り
  • 枚数:
  • オプション価格:
  • 行使価格:
  • 残存日数:
  • 配当利回り:
  • 種類:
  • 売買: 買い 売り
  • 枚数:
  • オプション価格:
  • 行使価格:
  • 残存日数:
  • 配当利回り:
  • 種類:
  • 売買: 買い 売り
  • 枚数:
  • オプション価格:
  • 行使価格:
  • 残存日数:
  • 配当利回り:
  • 現在株価:
  • 金利:

ギリシャ指標

複合ポジション

デルタ ベガ セータ

個別ポジション

デルタ ベガ セータ IV
スポンサーリンク

利用方法

先物とオプションのデルタ、ベガ、セータ、IV(インプライド.・ボラティリティ)を計算できます。

入力した設定は保存することができます。データはお使いのブラウザに保存されます。そのため、保存したブラウザと異なったブラウザからは設定を呼び出すことはできません。すでにデータが保存されている場合は上書きされます。

設定項目

種類
先物、コールオプション、プットオプションのいずれかを選択します。
売買
買いか売りを選択します。
枚数
売買する枚数を入力します。
先物価格またはオプション価格
先物選択時には現在の先物の買値または売値、オプション選択時には現在のオプションの買値または売値を入力します。
行使価格
売買する権利行使価格を入力します。
残存日数
満期日までの残り日数を入力します。
配当利回り
満期までの配当利回りを入力します。満期日までに配当が支払われない場合は0です。
現在株価
原資産価格を入力します。日経平均先物と日経225オプションで計算する場合は日経平均株価です。
金利
満期までの無リスク資産の利子率を入力します。一般的には無担保コールレートや国債利回りを使用しますが、銀行の預金金利でも大きな差は出ません。

結果の見方

デルタ
この値が高いほど、株価の変化にともなうポジション評価額の変動幅も大きくなります。デルタが1の場合、株価とポジション評価額の変動幅が等しくなり、マイナスの場合は株価とは逆の方向にポジション評価額が変動します。
ベガ
この値が高いほど、IVの変化にともなうポジション評価額の変動幅も大きくなります。先物の場合、ベガは0です。
セータ
この値が高いほど、時間経過にともなうポジション評価額の変動幅も大きくなります。プラスの場合、時間経過ともにポジション評価額が上がり、マイナスの場合はポジション評価額が下がります。
IV(インプライド.・ボラティリティ)
オプション価格から計算した、将来の株価の変動率です。値が大きいほど、将来の価格変動大きくなると市場参加者が予想していることを意味します。