マネミュ

リターンとリスク(標準偏差)
シミュレーション

価格の推移

リターン
標準偏差
チャートの本数
スポンサーリンク

利用方法

リターンとリスク(標準偏差)が変化すると、株価や為替レート、投資信託の基準価額がどのように変化するのかシミュレーションすることができます。グラフには投資対象を10年間保有したときの価格の推移が表示されます。

設定項目

リターン
年間のリターンを指定します。このシミュレーションではリターンが正規分布に従うものとして計算を行います。
標準偏差
リターンの標準偏差を指定します。この値が大きくなるほど価格のバラつきが大きくなります。
参考:過去20年間における、日経平均株価の標準偏差は20%、ドル円は9%ほどです。
チャートの本数
描画する折れ線グラフの本数を入力します。最大50本まで。