マネミュ

3Dグラフで見る重回帰分析

乱数設定

平均 標準偏差
x1
x2
【相関係数】
x1 x2 y
x1 1
x2 1
y 1

乱数の数:

結果

回帰平面を表示
【回帰式】
決定係数
自由度調整済み決定係数

利用方法

設定をもとにして正規分布に従う3変量の乱数を発生させて、重回帰分析を行います。

設定項目

平均
範囲:0~10
標準偏差
範囲:1~10
相関係数
範囲:-0.9~0.9(値によっては計算不可になることもあります)
乱数の数
範囲:4~500

グラフの操作方法

回転 ドラッグ
ズーム ホイール、またはピンチアウト
視点移動 右ボタンドラッグ、またはピンチ操作
スポンサーリンク